【ショアジギング】メタルジグとアクション方法を解説

Pocket

この記事の所要時間: 614

本日はショアジギングにおけるメタルジグの基本アクションとオリジナルアクションをご紹介いたします。

メタルジグとは

メタルジグは鉛で作られたルアー(模擬エサ)です。

ソルトルアーフィッシングでは青物やシーバス、ヒラメ狙いなどでよく使われているルアーです。

色々な活用シーンがあるので、釣行の際は1つぐらい忍び込ませていたいですね。

メタルジグを使用するシーン

メタルジグの使用するシーンは色々と考えられます。

私は大きく下記2点で考えています。

・釣行初動のタイミング

・ナブラ撃ち

一つ目は『釣行初動のタイミングです。

ポイントにエントリして最初に魚のいるレンジを確かめる時に使います。

ルアーをキャストした際に飛距離が出るのと、表層から底と幅広い領域を探ることができるので海の状況を素早く把握することができます。

ショア(岸)からメタルジグをキャストする際は、潮目や沖の瀬に面した場所などを狙います。

2つ目は『ナブラ撃ちです。

ナブラとは「小魚の群れがフィッシュイーター(ハマチやブリ、スズキなど)に追われて、局所的に海面にさざ波立てて逃げる様子」のことを言います。

そんな状況に遭遇したら迷わずにメタルジグをナブラへ目掛けてキャストします。

小魚を追いかけているフィッシュイーターがメタルジグを小魚だと勘違いしてチェイスしてきます。

気をつけるポイントはピンポイントにキャストしてメタルジグの海面に着水させると音でナブラが散ってしまうことがあります。

できるだけ、ナブラより少し奥へキャストすることで自然にナブラに到着させて、アピールすることができます。

アングラーなら誰しも興奮する状況ですよね!

メタルジグのアクション方法

リトリーブ

リールを巻いてメタルジグを引っ張るだけのアクションです。(俗にいう「ただ巻き」)

リトリーブの中でも高速でリールを巻く「高速リトリーブ」と逆に遅めにリールを巻く「低速リトリーブ」があります。

リトリーブ時のロッドの角度も重要で、ロッドを立てて巻くのと倒して巻くのとでは海面に上がってくるスピードも変化してきます。

同じレンジ(海層)から上のレンジまでゆっくりと上昇したい場合にはロッドを倒しながら巻いてくるように意識すると良いでしょう。

レンジを素早く上昇させながらアピールしたい場合にはロッドを立てながらリールを巻いてくるようにすると縦方向に抜群のアピールを示すことになります。

フォール

メタルジグを海底に落とすアクションをフォールと言います。

そのフォールの中でも「3つの落とし方」があります。

・フリーフォール

・テンションフォール

・カーブフォール

1つ目の『フリーフォール』はラインにテンションをかけずに海底へ落とすことをいいます。

テンションをかけないということはキャストしたときのラインが出ている状態を示します。

メタルジグの本来が持っている動きと水の抵抗が合わさったアクションとなります。

2つ目の『テンションフォール』は、テンションをかけて海底に落としていきます。

ライン放出をコントロールしながら、ラインを張った状態にしてメタルジグを落としていきます。

メタルジグの動きはメタルジグの本来が持っている動きと水の抵抗に加えてラインの張りによる抵抗の3つが合わさったアクションとなります。

3つ目のカーブフォールはテンションフォールの状態でメタルジグを沈めながら、海面に向けたロッドの先をゆっくりとメタルジグの重さの動きに合わせながら足元に向けて移動させるようにコントロールすることでメタルジグが小さい弧を描くようなアクションを見せます。

これらの3つのアクションで魚へアピールし、チェイスのタイミングを与えることが大切ですね。

ワンピッチジャーク

ショア、オフショアのジギングでは基本中の基本となるアクションです。

メジャークラフトさんの動画が非常にわかりやすいのでご参考ください。

◆5:20付近

ジャカジャカ巻き

ジャカジャカ巻きもジギングでは基本と呼ばれるアクションの1つです。

これはワンピッチジャークを早くしたもので早いアクションで魚を誘うことができます。

小魚がフィッシュイーターに追われている姿を演出するのがジャカジャカ巻きです。

アクションの組み合わせ

これまでは単発のアクションをご紹介しましたが、アクションの組み合わせをご紹介します。

アクションの組み合わせパターンって色々とあってこの場でご紹介していくときりがないので高確率でバイトにつながる組み合わせをご紹介します。

ワンピッチジャーク + 高速リトリーブ

ワンピッチジャーク後に高速リトリーブを行います。

イメージとしては「弱った小魚が逃げ惑う」ように演じてください。

ワンピッチジャークで弱って逃げ惑おうと滞留している状態から高速リトリーブによって急発進で逃げようとする小魚を演じることで、フィッシュイーターのリアクションバイトを誘うことが狙いです。

イメージ図

アクションのリズムとしては、ワンピッチジャークを数字に例えると

1、2,3、4、1、2,3、4、高速リトリーブ(4回巻き)

がスタンダードといったところでしょうか。

まとめ

メタルジグは非常に汎用的で便利なルアーということが分かっていただけたかと思います。

ただの鉄板ですが、アクションという命の吹き込み方次第で釣果に大きな差が出ます。

色々な状況下において、様々なアクションバリエーションを与えてください。

その中で一番マッチしたパターンが見つかると思います。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村



近畿釣行記 ブログランキングへ



ショアジギング ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。