【ソルトルアー】PEラインとリーダーとの結束強度を検証

Pocket

この記事の所要時間: 157

本日はPEラインとリーダーとの結び方結束強度を考察してみます。

みなさんはどのノットを利用していますか?

ちなみに私は下記、2点を使い分けています。

SFノット

世界初のフロロカーボンハリス「シーガー」ブランド。1971年発売以来、今年で40周年。あらゆる釣りに提供する高品質のフロロカーボンライン、釣り糸のラインナップをご覧ください。

オルブライトノット

世界初のフロロカーボンハリス「シーガー」ブランド。1971年発売以来、今年で40周年。あらゆる釣りに提供する高品質のフロロカーボンライン、釣り糸のラインナップをご覧ください。

基本的にSFノットを愛用し、ライトゲームではオルブライトノットを利用しています。

昔は定番のFGノットを利用することもあったのですが、なんせ工程が手間なのが少々ネック。。。で、結束強度がFGノットに劣ると言われていますが、工程が容易であるSFノットに落ち着きました。

その結束強度について興味深い検証結果がありました。

SFノット結束強度98%!!

FGノットの結束強度が最下位!!

ラインの品質や接続工程などの細かい要因にバラつきが発生する可能性がありつつも、意外な結果でした。

もうこれなら堂々とSFノットでええやん!って気になってきました。

同じ結び方だとマンネリ化しそうなので、色々と工夫して新しいノットを生み出すのもアリかもしれませんね!!


にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ ショアジギング・オフショアジギングへ
にほんブログ村



近畿釣行記 ブログランキングへ



ショアジギング ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。