【インプレ】ショアスパルタン スタンダード[106MH]

Pocket

この記事の所要時間: 317

先日GetしたNewロッド!!

ショアスパルタン スタンダード[106MH]

ショアジギング・ショアキャスティング入門に最適な本格派ロッド

パッケージのラベルがカッコいいですね~(青物って感じ♪)

106MHはプラッキング専用ロッドです~♪

対象魚の許容範囲がダイワ公式サイトで掲載されている内容異なるようですね。

106MHは5kgクラスの青物やヒラスズキが対象となっているようです!!

それなりの大物も許容できるようで安心です!!

キャタリナともお似合いです~(≧▽≦)

先日の釣行でキャスティングをしましたが、シンペン(オシアペンシル[115mm/42g])がスコーンと飛んでいく感じです!!

さすがプラッキング専用ということもあり、ティップはしなやかです。

ロッドワークもスムーズに展開することができます!

兄貴分であるショアスパルタン コースタル[103HH]

ライトからヘビーまで網羅した本格ショアジギングロッド

も保有していますが、少し柔らかいロッドが欲しく今回の購入に至りました(^^)/

期待通りのロッドワークで満足です!!

今後は魚を掛けてからが一番の楽しみ!!

バットは意外に硬い予感がしています~(^_-)-☆

ショアキャスティングのエントリーモデルと言われていますが、そんな感じはまったくしません!!

今週末が楽しみになってきました~♪

またインプレは追記していきます~(・ω・)ノ

★★ インプレ追記 ★★

何回か釣行を繰り返して感じたことを記載していきますね。

①バットがしっかりしている割にはティップが柔らかい

80gのジグもをキャストする際もバットまで負荷を感じることがありません。

40~50gのプラグも気持ちよくキャストできて、細かいトゥイッチングも巧みに可能です。

②軽量

280gと軽量なので1日中ロッドを振り回しても疲れることがないです。

③グリップが短い

ショアジギングロッドにして短い感じです。

脇で挟み込めるものの、ロッドエンドの先端付近が脇にくるイメージです。

しっかりグリップを挟み込みたい方には短いって感じると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。